「ウンコかぐや姫 スカ史上最強美少女 レナ」スカトロ史上最強の美少女という触れ込みで登場したレナちゃん

🔞スカトロ映天

「ウンコかぐや姫 スカ史上最強美少女 レナ」


作品紹介

[スカ専]に恥じない第1弾、スカ史上最強美少女登場!

マニア男の口に激羞恥脱糞。

レナは極太ウンコを嗅ぎソシャクしながらえずく!えずく!えずく!

ウンコ皿に顔を沈め汚臭まみれSEX!

2日目は激しくエズキながら極太ウンコをついにソシャク!

全身塗糞ハメスカでエズキ涙と感涙まみれが超絶愛らしいレナ!

[スカ専]は第1弾からスカトロ愛の傑作を撃ちます!(スカ専)

「ウンコかぐや姫 スカ史上最強美少女 レナ」-001 「ウンコかぐや姫 スカ史上最強美少女 レナ」-002
「ウンコかぐや姫 スカ史上最強美少女 レナ」-003 「ウンコかぐや姫 スカ史上最強美少女 レナ」-004
「ウンコかぐや姫 スカ史上最強美少女 レナ」-005 「ウンコかぐや姫 スカ史上最強美少女 レナ」-006
作品名 ウンコかぐや姫 スカ史上最強美少女 レナ
出演者 レナ
レーベル 映天
品番 ZS-001
シリーズ ウンコかぐや姫


ユーザーレビュー

この可愛さで脱糞はすごいことだ!
一昔前なら、この手のスカものは、正直言って女優さんが今一つってことが多かったのですが、これは違う!

スタイルもよし、けっこうかわいい、それでもって、けっこう本格的にスカやってます。

スカモノファンであれば、購入して損はないと思いますよ。

レビュアー:yapooさん

ちょっと残念
女の子のルックスは良いが、インタビューなどの話し方などは、頭が足りない子…笑。

照れ気味のお嬢様を期待したが…。

真剣に便の匂いを嫌がり、何度もえづいていて、ゲロも期待したが、なかったのが残念。

途中の普通のオナニーはダラダラと長めで必要ない。

便の量はまま多めで、後半の糞まみれのファックはとても良い。

レビュアー:yutoyutohiroさん

男優がうらやましい
レナちゃんはとても可愛く、こんな女の子を相手にする男優はさぞかし興奮するだろうと最初に感じた。

1本目の男優は、まずレナちゃんの肛門を徹底的に攻めるが、舌を挿入する前から、奥の方をたっぷりと味わってくれと言わんばかりに、肛門が開き気味のところが最高。

案の定、男優はカルパー腺液でパンツにシミを作っていて、こちらまでその興奮と期待が伝わってきた。

脱糞シーンも、肛門から長い1本糞が男優の大きく開けた口の中に落とされていく様子が、レナちゃんの踏ん張る可愛い表情とともに、非常にクリアーに撮影されており、さすが、スカトロ巨匠豊田監督の作品だと大いに納得した。

排泄された大便を口一杯に頬張った男優が苦いとか臭いとかいうところが、現場に漂う強烈な便臭を想像させて素晴らしい。

また、後半のレナちゃんの大便まみれになりながらの性交も、汚れた美しい白い肢体を攻める男優の至福感が伝わり、脱糞シーンを上回る興奮を感じた。

ただ、豊田さんの作品構成のひとつである、大便を女性をせめる道具にするのは、個人的にあまり好きではなく、やはり、男優が、美女の排泄した大便の匂いや味や手触りをじっくりと味わう方に使われとうれしい・・・。

レビュアー:リスボアさん

レナちゃんは可愛い!
DUGAのうんこシリーズの中でも人気の「うんこかぐや姫」。

その中でも特に人気なのが「ウンコかぐや姫 スカ史上最強美少女 レナ」です。

スカトロ史上最強の美少女という触れ込みで登場したレナちゃん。

見た目は非常に可愛く、芸能人やアイドルと言ってもおかしくない彼女がスカトロでうんこまみれになります!

男のチンポの周りにうんこを置き、その状態でフェラさせたり、キレイなカラダに少しずつ塗糞してエズかせながら、でも慣れさせていったり。

初日の最後にはうんこをつけたチンポを咥えさせ、そのまま挿入してうんこSEXまみれにしちゃいます。

二日目は極太ウンコを口に入れさせうんこ姫に変身。

糞まみれのファックでだんだんとうんこに慣れてきたのか、もしくはウンコの快感に目覚めたのか感じまくるファックをします。

キレイめな女性だけに、うんことのギャップがまたたまらない感じ。

スカトロ愛の傑作と銘打たれたこの作品、うんこかぐや姫の汚れる姿をぜひ見てやってください。

レビュアー:しっぽねこさん

監督のセンスを疑う
豊田監督の作品は元々嫌いだったが、女優のキレイさにつられてこの作品だけ購入してみた。

最初の男優との絡みは非常に良かったが、それ以外はこのバカ監督がことごとく台無しにしている。

なんでこのバカは、いちいち横から邪魔をしに入ってくるのか?

目障り極まりない。

レビュアー:みわさんさん


サンプル動画


※ 作品の評価は記事公開時点での情報となりますので詳しくは作品ページをご確認ください