「PAIN GATE 釘血絞首刑」女の子はこの手のハードSM系ビデオに出る中ではレベルが高いです

M女,SMスクラム

「PAIN GATE 釘血絞首刑」


作品紹介

ノンフィクション苦痛系ハードSM作品。

今作は釘打ちと首吊り、細身の女を容赦なく痛めつけ、肉体的にも精神的にも崩壊させる。

どれだけ喚こうがお構いなし、責める手が止まる事はない…。苦痛と破壊のリビドー。

「PAIN GATE 釘血絞首刑」-001 「PAIN GATE 釘血絞首刑」-002
「PAIN GATE 釘血絞首刑」-003 「PAIN GATE 釘血絞首刑」-004
「PAIN GATE 釘血絞首刑」-005 「PAIN GATE 釘血絞首刑」-006
作品名 PAIN GATE 釘血絞首刑
出演者 アヤ
レーベル スクラム
品番 DDSC-025
シリーズ PAIN GATE(ペインゲート)


ユーザーレビュー

ルックスは◎、反応は…
女の子のPAIN GATEシリーズでの出色のキレイさに驚かされます。

これだけキレイな子ならSM系レーベルといっても、もっと大切に姫扱いしてくれるところがいくらでもあるだろうに… そう思いましたが、冒頭のビンタ責めでその考えは吹き飛びます。

反応が「行っちゃってる」子なんですね、視聴者も責め手も置き去りにして勝手に陶酔状態=トランス状態に逝っちゃいます。これじゃいわゆる「SMプレイ」の性的興奮を魅せるビデオには使えません。

乳首に釘が打たれ、乳房が18Gの針で穴だらけになったあとで乳腺に生理食塩水が注入されると、針の穴から水分がほとばしり出ます。

これはまぁめったに見ることのできない名シーンでした。

さて、美咲結衣レベルのきれいな女の子が超ハードに責められるんですから、ハードSMファンの夢といってもよい本作品です。

じゃぁ超傑作になったか というと… そこは疑問です。

もはやSとMは記号化されたオブジェクトに過ぎない存在に昇華(堕落)してしまっている気がしました。

レビュアー:asamayuukoさん

可愛いい底なしのM子ちゃん
プレーはもちろんスクラムらしい本格SMだし素晴らしい。

一つだけ念願なんですが、M女性の心の中も見たい思いになります。表情や息づかい、手や足の細部に表れる細かな反応ですよね。これに限らずスクラムは他と比較するレベルにはないくらいの実録的大作を並べていることは間違いないです。

ただ、見てる者も風見さんや月花さんと同じようにM女性の 心の中も見たい思いがあります

レビュアー:マイカノンさん

価格以上の価値有
女の子はこの手のハードSM系ビデオに出る中ではレベルが高いです。責めも本シリーズでもハードな部類です。

なかでも生理食塩水を乳房に注入する責めが素晴らしく貧乳だった胸がパンパンに脹れあがり乳房を針で責めた際に生理食塩水が漏れ出すシーンなど最高でした。

また胸の皮膚ではなく乳房にガッツリ針を貫通させているところから見てもこの作品のハードさが伺えます。

価格は高価では有りますが他ではなかなか見れない一見の価値が有る良い作品だと思います。

レビュアー:anakin12さん

凄いけど、でも不満も多し
内容は本当に凄い。普通に最初の蹴りがもう容赦ないし、釘も針も縫合も本当に凄い。名作中の名作。

だが、編集がちょっと、ひどすぎないか?まず、針が刺すのも抜くのも、やたらとカットされてるシーンが多い。

見たらもう既に刺ささってたり、抜き終わって血だらけになったり、という場面がやたら多い。何でそこきちんと見せないの?あんな余計な編集カットは本当にいらない。あれカットするなら、もっとカットしないといけない場面、最初に沢山あっただろ。体に針刺されて穴開けられて、それをカットされるなんて女の子が可愛そうすぎるわ。それ以上に、見ててイライラする。そこはきっちりと全部見せろよって。

もう何か激しい事やり過ぎて、感覚がおかしくなってるとしか思えない。

針は普通に1本1本が大事なシーンだから。刺さり終わった姿が見たいんでなくて刺して痛がるところが見たいんだから。

あと、縫合は完成したらすぐ抜くんでなくて、その状態で歩かせるとか、もっとそこから先も見せてほしかった。

本当は女の子の頑張りを評して5をつけたかったけど、どうしてもあのカットの多さが納得いかないので、4にします。

レビュアー:リアルなのが好きさん

昇華
本質的に、こういった破壊作は嫌いではないこともあるのでしょうが、究極の美の昇華と思いました。

文字通りグロテスクなシーンの連続で、普通ならば痣も流血も痛々しさしか感じないものが、こと作品としてみると芸術とも言えるかもしれません。

叫び声もBGMとして最高の演出です。

レビュアー:むんたろうさん


サンプル動画


※ ユーザー評価は記事公開時点での情報となりますので詳しくは作品ページをご確認ください